伝統を礎にした滝川教育
次世代のニューリーダーを育成

 1918年の創立以来、2万人以上もの卒業生を輩出し、多くの卒業生たちが様々な分野・社会を先導するリーダーとして活躍している。生徒を次世代のリーダーへと導く方針が「滝川リーダーシップ教育」だが、ベースとなるのが3つの校訓だ。自分に誇りを持ち、志を貫き通す「至誠一貫」、自分を律し、本質を捉え力強く生きる「質実剛健」、大きな心で社会と共に生きる「雄大寛厚」。これら3つの柱を常に守り務めなければならないものとして、全人教育を続けてきた。

 「社会は変わり続けています。リーダーシップの在り方はもちろん、教育の内容もまた、本質が問われる時代となりました。ただ、滝川教育の根幹は変わりません。今後も未来の社会的リーダーをこの男子校で育てていきたいと考えています」と下川校長は話す。真面目でたくましくおおらかな人物、そして社会に有為な人物育成を目指す滝川教育。ゆるぎない教育理念と信念が、生徒たちをニューリーダーへと成長させていく。

論理的思考力と表現力を強化
『医進選抜』『Science Global一貫』

 社会情勢や時代のニーズを考慮して、常に改革を続けてきた同校。2020年にコースを改編し、来年度さらにグレードアップさせた3コースがスタートする。

 まず、『医進選抜コース』は、医学部・医学科への進学を目指すコースだ。ただし、大学進学がゴールではない。社会に役立つ人材、強い使命感を持って医師となる人材を育成する。そのために、高いレベルの「学びの質と量」を確保しながら、体験学習にも注力。近隣大学の医学部や医科大学と連携した医療体験実習や、医学部へ進学したOBによる講話、薬学・看護とのチーム医療について考えるなど、多様な取り組みを用意している。自主性と協調性、倫理観を育くむことで、真のプロフェッショナルへの第一歩を踏み出すことができる。

ニュージーランドへのターム留学
ニュージーランドへのターム留学

 続いて、『Science Global一貫コース』は、理数科目を強化した教育カリキュラムに加えて、実践的な語学力を身に付け国際社会に貢献する人材を育成するコース。特徴的なのが中3の3学期に実施するニュージーランドへのターム留学だ。文化や習慣、価値観の違いを理解することで、豊かな人間性だけでなく、主体性やグローバルスタンダードを身に付けることができる。「理数科目を強化しているものの、理系に特化したいわけではありません。あくまでも論理的な思考力や学ぶ姿勢を身に付けることにこだわっています」。学力と語学力を同時に押し上げ、向上心旺盛な人材が育っていく。

次ページ → 個々の可能性やエネルギーを存分に引き出す『ミライ探究一貫』

1 2 3