物事を深く考え追求する姿勢
自学自習できる力を備える

 例年、県下トップクラスの大学合格実績を誇示しているが、それを下支えしているのが独自の「学力アッププログラム」だ。中学から行う東大・京大への大学見学会、グローバルマインドを養成するベトナム研修やオーストラリア語学研修、科学分野の講師を招いた出前実験講座など、早期に進路を意識させる多様な体験活動を展開。その中でも、特に注目すべきは中3での「卒業論文制作」。結論よりも様々な事象に疑問を持ち、深く考え、発信する一連のプロセスを重視し個々が手書きで論文を仕上げる。この取り組みによって、課題発見力・論理的思考力・探究心が磨かれていく。

最上階に設置された図書館は明るくとても開放的

 医療の道を志す『医進コース』、文理あらゆる進路を目指す『特進コース』、難関国公立大学の現役合格を目標とした『理数コース』、いずれも中学では基礎学力の定着を大切に、苦手意識が生まれやすい英語・数学などは少人数授業を採用。余裕のあるカリキュラムで個性や資質を見出していく。「本校の教育は、大学合格のその先までを見通し、どんな社会人になりたいか、どう社会に貢献したいかを考えられる土台を作ること」と河合校長。未来を切り拓く力を手に入れた生徒たちが、持続可能な社会づくりへと力強く活躍する姿が目に浮かぶ。

設立1979年
併設校奈良学園高等学校
生徒数501人(全学年)
クラス編成約40人
男女比男61% 女39%
授業時間8:40~15:10
※金曜~16:10
※土曜~12:40
海外交流校
帰国生特別入試
交通・大和小泉駅(JR大和路線)バス15分
・近鉄郡山駅(近鉄橿原線)バス25分
・学園前駅(近鉄奈良線)バス35分
大学合格実績
(過去3年間)
東京、京都(医)、大阪、神戸(医)、北海道、東北、名古屋、九州、
東京工業、東京医科歯科、大阪市立(医)、滋賀医科(医)、
奈良県立医科(医)、筑波(医)、防衛医科(医)、早稲田、慶應義塾、
上智、国際基督教 など
1 2 3